透明紙ふぶき

昭和31年 

市内多数の父兄の要望にこたえ、徳永ノブヨが創立する。

昭和42年 

現地に新園舎建設し移転する。「園地812㎡、園舎296㎡」

茨城県公認幼稚園となる。

 

昭和59年

小山市生井幼児園が姉妹園となる。

 

昭和60年

学校法人徳永学園を設立する。園長 徳永治子(理事長を兼務)

就任。創立30周年記念式典を開く

 

平成 7年

姉妹園小山市生井幼児園が栃木県公認幼稚園となり、名称が生井ゆりかご幼稚園となる。

平成22年

古河市012保育ルームを開設(3歳未満の乳幼児施設)

 

平成27年

幼保連携型認定こども園ゆりかご幼稚園設立となる。

園長に大塚志津 就任。

 

平成28年

幼保連携型認定こども園生井ゆりかご幼稚園設立となる。

IMG_3614_edited_edited.jpg
IMG_3644_edited_edited.jpg
IMG_1192%2520(003)_edited_edited.jpg
DSC_0103_edited.jpg

​沿革